4月12日 各新聞社の社説とコラム

読売新聞 桜田五輪相更迭 1強の緩みが蔓延している EU離脱再延期 英国は猶予を無駄にするな 朝日新聞 桜田大臣辞任 守り続けた責任は重い イスラエル 和平への道を閉ざすな 毎日新聞 ブラックホール初撮影 結実した科学の国際協力 首相が桜田氏を更迭 半年余も守った罪は重い 20世紀のアインシュタインの一般相対性理論により… 産経新聞 桜田氏の辞任 政府の五輪軽視の結果だ 透析治療の中止 プロセスが問われている シーレーン防衛の現実的議論を 桜田義孝氏は、もともと不思議な… 東京新聞 桜田五輪相更迭政権の体質こそ問題だ <虐待なくすために>(4)心にできたトゲを抜く つぼを買いに来た男が…

続きを読む

桜点描、電力問題のこと

▽桜の季節もそろそろ終わり。いや、正確にいうと桜の花の季節。ここはしつこく強調しておきたい。桜は花だけではないのである。 ▽原発は必要なのか。読売新聞と産経新聞が社説で経団連の提言を取り上げていた。 エネルギー提言 火力依存のままでは危うい https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20190410-OYT1T50325/ 経団連の原発提言 政府は警鐘を受け止めよ https://www.sankei.com/column/news/190410/clm1904100003-n1.html この新聞社はご周知のように原発推進派。我が意を得たりという感じで取り上げたんだろう。経団連の提言も原発推進だ。経済界としては電力の確保は至上命題で電力がなければ産業は成り立たない。現状電力不足に陥ることはないけれど、世界情勢の変化で状況が変わることはある。言わずもがな火力発電は化石燃料がなければ稼働できないし、その資源は日本にない。何らかの原因で輸入が途絶えたら終わりだ。それに紛争資源といわれるように各地域で争いは起きるし、戦前の日本も資源の確保が一つの戦争に至った原因だと思われる。二酸化炭素排出の原因にもなるわけで、そこで原発の登場だ。理解できないのは原発だってウランという資源がいるし、何かあれば甚大な被害を引き起こす。再生可能エネルギーの普及も目指してはいるんだろうけど声は小さいし電力源としては頼りない。だからといって原発でいいのか?思うに我…

続きを読む

4月11日 各新聞社の社説とコラム

読売新聞 エネルギー提言 火力依存のままでは危うい ひきこもり支援 高年齢化への対応が急務だ 朝日新聞 自由な言論 守り続ける覚悟を レオパレス 「施工不備」の根は深い 毎日新聞 大熊町の避難指示解除 新たな共同体への一歩に ネタニヤフ氏続投へ ますます和平が遠ざかる 古代から中世の日本では… 産経新聞 F35A墜落 徹底的な原因究明を急げ ご結婚60年 両陛下の絆と歩みを心に 「平静」という成熟を継承したい なんとも納得しがたい判決である… 東京新聞 空自F35墜落国民が分かる究明に <虐待なくすために>(3)保育に志抱ける環境を 英国コメディーのモンティ・パイソンに…

続きを読む

武蔵野写真、オリンピックとカレーとマイクロブタ

▽桜田オリンピック担当大臣が辞任を表明した。大臣としての能力がいかほどのものかは分からないけど問題発言、失言が多かったので妥当なのかもしれない。 「復興以上に大事なのが高橋議員だ」 これが辞任が決定的になった発言だけど、軽率にもほどがある発言だ。本気でそんなことは思っていないと信じたい所。もう一つやめることがある。 オリンピック自体中止でどうでしょう? 大臣も泥を塗ったわけだし、賄賂の問題も何一つ解決していない、そもそもなぜ東京でやる必要があるのか。復興なんて二の次の大臣だったわけで復興五輪何ていう旗印は中身空っぽだったことが明らかになった。というわけで中止でよろしいかと思います。 ▽ネットでカレーライスのルーは右か左かという話があった。結果は大体が右、左が2割弱でその他が1割弱。どこのデータかは分からない。なにせ2ちゃんねるのまとめで見たものである。私の場合はご飯の上にルーをぶっかけるスタイルなのだけど今まであまり考えたことがなかった。徹底的に混ぜる人もいるらしいがそれは理解できない。 ▽マイクロブタのカフェが東京にオープンしたそう。ラジオ番組で紹介していたのだけど、出演者はかわいい、行きたいと興味津々な様子だった。マイクロブタというのはその名の通りに普通の豚より遥かに小さく可愛らしい。 残酷なことだ。 猫やフクロウといった動物のいるカフェというのが増えていて、多くはちゃんと経営しているんだろうけど劣悪な環境なカフェがあることは報告されている。部屋の中に押し込めて…

続きを読む