4月16日 各新聞社の社説とコラム

読売新聞 日中経済対話 実利積み上げ関係改善進めよ ブラックホール 国際連携で宇宙の謎に迫った 朝日新聞 WTO敗訴 安全性の説明を丁寧に F35調達計画 立ち止まり原因究明を 毎日新聞 金正恩氏の施政演説 旧態依然の発想のままだ 熊本地震から3年 孤独死防ぐ対策をさらに ゴルフのマスターズ大会が開かれる… 産経新聞 ウッズの復活 人は再チャレンジできる 日中経済対話 立ち止まって戦略考えよ 「内発的」精神で時代を切り拓け 男子ゴルフのタイガー・ウッズ選手が… 東京新聞 核燃料搬出開始廃炉への道のりはるか トヨタ・JAXA月で水素社会実現を 日ごろ、トランプ米大統領の意見に…

続きを読む

雑木林点描、夢とやよい軒と

▽散歩をしていて茶畑の脇を通りがかった時にふと思い出す。最近夢を見ていない。以前家の裏にある茶畑に死体を埋めてある夢をよく見ていた。何度も何度も。何かを暗示していたのだろうか。精神的に不安定だったのだろうか。物騒な夢を見せてくるとは我ながらおかしな頭である。時には本当に茶畑に死体が埋まっていると錯覚してしまうことさえあった。いや、もしかしたら夢ではないのかもしれない。あの死体は誰なのだろう。 私は夢の中を生きているんじゃないかと感じることがある。バカバカしいけれどそれが夢を見なくなった理由かもしれない。しかも生きている感覚すらないと思うことすらある。自然と、世界と溶け込もうとしているならそれは悪いことではない。私の個としての存在など取るに足らないものだ。その個がなくなったとき、世界と溶け合うならそれは悲しいことではないと思える。何の話をしているんだっけ。 ▽やよい軒がおかわり無料サービスの廃止を検討しているらしい。わりと多くの人が関心を持っているようで様々な意見を見聞きした。 やよい軒一部店舗でおわかり有料化 16日から https://mainichi.jp/articles/20190415/k00/00m/020/103000c 私は何度かしかやよい軒を利用したことがないのだけど、リーズナブルでそこそこ美味しい印象はある。特徴なのは今回検討されているおかわり自由システム。お腹いっぱい食べたい人には夢のようなシステムだろう。ただ、おかわりしない人と何杯もおかわりす…

続きを読む

ほころぶ、サバイバル登山と珍肉

▽いつものようにラジオを聞く。日曜の夜、日付が変わったと同時に始まるのは岡田准一さんのGROWING REED。毎週、それぞれの分野の専門家をゲストに招いて岡田さんが徹底的に質問をしていく。するどい切り口での質問、というわけでもないけど興味深いゲストが多いので毎週聞いている。といいつつ今回はお風呂に入ってて途中からになってしまったのでラジコで聞き直したい。 ゲストは登山家で作家の服部文祥さん。サバイバル登山というものを実践してるそう。サバイバルというだけにただの登山ではない。私の感覚からすると登山というのは飯能らへんの山におにぎりを持っていくくらいでしかないのだけど、サバイバル登山は何も持っていかず現地調達する。木の実とかキノコとか動物とか魚とか昆虫とかカエルとかヘビとか食べるそうだ。寒気がしてくるが都会、街に暮らす人間で違和感を持たない人間は少ないと思われる。服部さんは言う。 「山に対してフェアでありたい」 なるほど、大事な感覚だ。人間は山だけじゃなくあらゆることにフェアではなくなってきている。現代人は肉を非常に多く食べるけど自分で屠殺したりはしない。誰かがしてくれているわけで本来は自分でするべきだろう。それは私も同じだ。畑で野菜は作っているけど動物を獲ることはない。それでも畑で生命の循環はあるわけで人間の勝手な理屈で理不尽な行いをすることもある。野菜に邪魔な虫は捻り潰すし、野菜だって命だ。人間が人間の都合で命を奪うことを当たり前だと思わないように心がけてはいるけど、それも勝手な自…

続きを読む