空点描、伊方原発の差し止めから考える

▽新聞各社が社説で18日、伊方原発の差し止めについて書いている。 (読)伊方差し止め 司法はどこまで判断するのか (朝)伊方差し止め 原発の安全を問い直す (每)伊方原発再び差し止め 安全審査への重い警告だ (産)伊方原発停止 高裁の迷走が止まらない 愛媛県の四国電力伊方原発3号機の運転再開を広島高裁が差し止める仮処分を決定した。山口県内の住民が定期検査のために停止中の伊方原子力発電所3号機の運転差し止めを求めている。伊方原発は愛媛県にあって、四国電力の管轄なのに山口県?と思うけど愛媛県から海を挟んであるのが山口県。福島第一原発の例から分かるように、もしも原発で事故が起こったら広範囲に影響が出てしまう。本当に安全なのかは近県の住民にしてみたら最重要事項だ。 伊方原発が安全なのか、判断は分かれている。2016年8月12日に安全審査を通過し伊方原発3号機は再稼働した。その後運転停止を求める訴えを松山地裁は却下、大分地裁と高松高裁も運転を認め、広島地裁は訴えを退け、広島高裁は運転を認めた後に差し止めを決定。調べながら書いているのだけど、ややこしくて理解が難しい。 新聞社の社説ははっきりと意見が別れている。原発に賛成なのか反対なのか。これは政権との距離感だったり、右なのか左なのかということも無関係ではない。読売と産経は今回の決定に反発し、朝日と毎日は妥当だとする。どの判断が正しいのかまるで分からない。 先日、小難しくてほとんど理解出来なかったのだけど経済について…

続きを読む

1月18日 各新聞社の社説とコラム

読売新聞 伊方差し止め 司法はどこまで判断するのか センター試験 課題踏まえ新テストの構築を 朝日新聞 伊方差し止め 原発の安全を問い直す 米中貿易合意 構造改革を進めるには 毎日新聞 伊方原発再び差し止め 安全審査への重い警告だ 新型肺炎国内で確認 春節の大移動期に注意を 古代ギリシャのオリンピックでは選手が…〈余録〉 産経新聞 伊方原発停止 高裁の迷走が止まらない 新型肺炎 中国は正確な情報開示を 「朋(とも)有り遠方より来る」…〈産経抄〉 東京新聞 阪神大震災25年 過去に学び未来に備え 文明は感染症の「ゆりかご」であった…〈筆洗〉

続きを読む

武蔵野点描、阪神淡路大震災から25年

▽昨日、1月17日で阪神淡路大震災から25年となった。私はまだ10代のクソガキだったし、今と変わらず埼玉に暮らしていたので直接体験したわけではなく、何を思ったのかもあまり覚えてはいない。その頃はテレビをよく見ていたので、映像で何かとんでもないことが起きているなと思ったくらいで、その日に会った友人とも震災について軽く触れた程度だった。自分自身もクソガキ、というか未熟だったので完全に他人事で自分の意識も変わることはなかった。 6434人。これほどの人が阪神淡路大震災で亡くなっている。それに20万棟以上の家屋が被害を受け、経済的な損失も莫大、高速道路が倒壊している様子は衝撃だった。大きな被害を受けた地域は25年が経ち、復興はほとんど終わっている。けれど、きっと被災者の方々の心は完全に癒えてはいない。ラジオから流れてきた被災者の声はまるで昨日の出来事を語っているようだった。悲しみは一生背負っていかなければいけないことなのだろう。 震災に限らず、大きな災害は阪神淡路大震災以降多く起き、いついかなる時も油断はできない。昨年も大雨や台風で被害を受けたし、近い将来には南海トラフ地震や首都直下型地震という甚大な被害をもたらす巨大地震が高い確率で起きると言われている。東日本大震災も経験し、災害への心構えや対策、テクノロジーは向上しつつあるように見えるけど万全ではない。自然というのは人間の考えや備えなど簡単に超えてきてしまうのだ。阪神淡路大震災から25年、あらためて考えていかなければいけない。 …

続きを読む

1月17日 各新聞社の社説とコラム

読売新聞 訪日客伸び鈍化 五輪をテコに再加速したい 阪神大震災25年 経験を生かして備えの進化を 朝日新聞 阪神大震災25年 「人を守る」復興をめざして 毎日新聞 阪神大震災から25年 継承したい安心への思い 前法相夫妻の説明責任 まったく果たしていない 江戸時代の寛政7(1795)年に不思議な…〈余録〉 産経新聞 阪神大震災25年 決して忘れてはならない 「安心感」醸成こそ中東派遣の意義〈正論〉 「危機管理」という言葉が…〈産経抄〉 東京新聞 国内で新型肺炎拡大防止に情報共有を 米中部分合意対立終結への道険しく 「災」という字は、辞書によると…〈筆洗〉

続きを読む