空点描、畑日誌

▽畑作業日。収穫せずに適当に埋めておいたジャガイモの芽が出てきた。確か男爵いもだったと思うけど、本来は秋に育てる品種ではない。けど、芽が出るのだから放っておいている。結局それほど大きくは育たないのだけど、それをまた埋めておけば春あたりにまた芽が出てジャガイモが育つ。輪作もあまり良くないらしいけど関係ない。ジャガイモというのは便利な作物だ。これを出荷するなら品質にこだわらなければいけないのだろうけど、自宅で食べるだけなので小さくても不揃いでも問題はない。それに種イモも肥料も農薬も使わないので費用はゼロ円だ。このサイクルが何年か続いている。 ニンニクも芽が出てきたのだけど、これもジャガイモと同じサイクル。収穫せずに適当に埋めておけば秋ごろに芽が出てくる。ニンニクは種イモでなく、スーパーで売っているものでもちゃんと育つ。いつだったか忘れたけど、この畑のもスーパーで買ったニンニクだ。本来、他の人参とか大根とかカブとかも自家採種して育てるのがベスト。野口のタネの固定種を買っているので種は採れるのだけど、これがなかなか難しい。まともに採種出来たのはインゲン豆とサヤエンドウくらいだろうか。課題だ。 今年始めて育てたのは八丈オクラ。噂には聞いていたのだけどオクラはものすごく沢山収穫出来る。成長も早いので収穫を逃すと固くなってしまう。ちなみに私の背丈を遥かに超え、2メートルくらいに育っている。なので上の方のオクラには手が届かない。そのようなわけで収穫を逃したオクラから沢山の種が採れたのでこれから…

続きを読む