所沢点描、地底大陸と畑と豚コレラ

▽昨日書いた地底大陸、読了。 少年向けらしく雑な設定や分かりやすい勧善懲悪なスタイルだけど楽しく読めた。 昨日書かなかった超技術を紹介しよう。 引力遮閉機とは引力を遮断して飛行機を空中で停止させとどまらせて置くことの出来る装置だ! 超音波X号とは新発見の音波の一種で何でも眠らせてしまうのだ! 食糧丸とは飴玉のように小さいけれど一週間分ほどのカロリーがあり一週間は何も食べなくても大丈夫なのだ! きっと皆さんも少年少女だった時代を思い出してワクワクしていることでしょう。 一つ指摘しておくと仕方のないことではあるけど時代背景を如実に反映している。 戦前の日本、世界に冠たる大帝国という意識。 正確無比な皇軍、世界第一の軍備をもった国、皇軍の百発百中主義、などという言葉が並ぶ。 そして紅皇帝は都合よく地底大陸を日本へ献じた。 この紅皇帝の祖先はインカ帝国の帝王で、滅ぼされる際に救ったのが日本の武士という設定。 あらゆることが荒唐無稽だし、時代も時代なので気にすることでもない。 今、未来を描くとしたらどのようなものになるのだろう。 ▽畑作業日。 冬場なので草むしりの必要もなく特にやることもない。 バイクで移動しているので寒い思いをしているだけな気もする。 少し畑を広げるべく耕し始めた。 現状、敷地すべてに野菜を植えられる状態ではない。 何十年も放置されていた畑を少しずつ人力で耕して広げてきたのです。 直線に長く畝を延ばそうとしていたのだけど、ふと思いつく。 …

続きを読む

ほころぶ、地底大陸とタバコ100歳

▽今読んでいるのは欄郁二郎の地底大陸。 何か古くさいタイトルだけどそのとおり、戦前に書かれたSF小説である。 なんて心踊る小説だ。 当時の少年たちはきっとそう思ったことだろう。 「小学6年生」に連載されたものなので子供向けの作品。 江戸川乱歩の怪人二十面相、少年探偵団の路線といえる。 冒険活劇物ではあるのだけどSF作品なので奇抜な設定が特徴的。 主人公は美少年である雪彦、その親友の北川青年、彼らが師事するのは大科学者寺田老博士。 ネーミングセンスに時代を感じる。 そして地底大陸をおさめるのは紅皇帝とその妹の瑠璃姫。 敵役には秘密結社ゲーウー団の少女指揮官アスリーナと大男のバブリン。 奥蒙古を探検する寺田老博士一行とアスリーナは地底大陸に図らずして迷い込み、地底大陸の、いや地上世界も含めての平和を守るために獅子奮迅、悪戦苦闘、奇計奸計の大活劇なのである。 登場する超科学の人造太陽、人造人間、電気銃、水中鉄艦、空気鉄道、電磁鉄道、電視(テレビジョン)、大ビルディング。 ああ、未来というのは素晴らしい技術であふれているのですね! そんな感じでワクワクドキドキ読まれていたのだ。 今読んでみると、クスッと笑える。 それは随分と我々が未来に生きていて荒唐無稽とも思えないからかもしれない。 今の時代、ワクワクする未来を描けなくなってしまった。 少子高齢、人口減少、景気低迷、格差に貧困。 未来は良くなるのだろうか。 欄郁二郎の小説は青空文庫にあるので今後も読んでみた…

続きを読む

武蔵野点描、虐待と逮捕と教員と

▽昨日も書いたけど虐待の話。 ラジオを聞いていると良い指摘をしていた。 報道姿勢を憂いての発言で、なぜ虐待するようになってしまったのか、どのような関係性だったのかを追求して欲しいとの言。 確かにその部分には触れず父親を糾弾し、明るみになる母親の置かれた状況を報道するのみ。 やはり知りたいことというか、対策を考えるにもなぜ虐待するに至ったかは大事だろう。 行政などの不手際があったことは事実だ。 当たり前だけどシステムも人も完璧ではないしすべてをフォローすることはできない。 税金をもっと徴収してスタッフを増やし教育することが可能なのか。 優秀な人材というのも児童相談所に配属されるかは分からない。 それに自治体の予算はこれから減り続けていく。 住民が自警団のような形で主体的に地域と関わることでしか防げ気がする。 そういうことは昔の地域社会では当たり前にあったものだ。 少子高齢社会を迎え、経済は縮小傾向、財政も減少し続ける社会。 パラダイムシフトのような根本的な変化が必要なのかもしれない。 ▽「たたかれた」小学生2人が親からの暴力を通報→それぞれ逮捕 こちらも虐待の話。 子供に暴力をふるったら即逮捕。 もちろん親が悪い。 けれどすぐに逮捕することを誇っていいのだろうか。 親から離れた子供はきっとこれからも不幸だ。 逮捕する前に説得し諭し心を入れ替えさせるのが理想ではある。 人格形成に問題があったのか、現代社会がストレスを抱え込ませ暴力的にさせてしまう環…

続きを読む