武蔵野点描、雑記

▽また武蔵野写真の撮影間隔が開いてしまっている。そんなことではいけないと、カメラを持ってスーパーカブに乗って出かけた。といっても自分の畑に行くついでなので近場。それも所沢市内。今回の撮影地、中富のあたりは三富新田といわれ、広大な畑がまだ残っている。新田といいつつ畑。武蔵野写真の中では畑の重要ポイントなので撮り続けてきた。狭山と川越は入間川と田んぼ、入間は茶畑、福生は多摩川。そういえば、川崎あたりの多摩川は随分撮りに行っていない。近いうちにスーパーカブを走らせよう。 現在の中富の畑は里芋が育ち、人参や大根が芽を出し始めている。ざっくりそんな所だろうか。けど、畑によっては何も育てていない。所沢においてもご多分に漏れず、農業の担い手不足は深刻だ。それほど稼げる仕事ではないので当然だろう。 考えていたのだけど、農業というのは儲からないかもしれないけど、それほどコストがかかる仕事ではなかったように思える。今日は畑でオクラを採種していた。オクラはすぐに大きくなってしまうので、収穫せずにそのままになっていたものが結構多い。しばらく置いておくとカサカサに枯れて、中にオクラの種が出来上がってくる。正直、私の畑で使い切れる量ではない。オクラは割と簡単だけど大根や人参などあらゆる野菜は基本的に種が採れる。イモ類は適切に選別、保存すれば種イモとして次の年も使う。そのようなわけで、種や種イモを本来は買う必要がないのだ。 三富新田などは雑木林の落ち葉を集めて堆肥にしていた。鳥や牛を飼っていれば、その…

続きを読む

ほころぶ、伊集院さんのAV女優の話から考える

▽深夜のラジオで伊集院光さんと太田光さんがバカ話をしていた。当然深夜なので下ネタも多い。伊集院さんの番組も爆笑問題の番組も下品極まりないので、聞きたくない人もおられることでしょう。私は実際、品性下劣な傾向があるので嫌いではない。最近の笑いの傾向はお上品になりつつある。かつての破天荒な芸人というのは求められなくなってしまった。横山やすしや立川談志のような芸人は今の時代には活躍出来ないのかもしれない。 そんなことはどうでもいいのだけど、伊集院さんが話していたこと。ある島に住んでいた女性が男性に胸を揉ませたらとても喜んだのを機に、誰彼構わず関係を持ったそう。そうこうしているといよいよ島の雰囲気がおかしくなり、居づらくなって島を出ていくことになった。そして彼女はAV女優となって男性に幸せを届けているらしい。 これはどのように捉えるべき話なのだろう。ただの笑い話なのか、節度のない女性を蔑むのか、AV女優を差別するのか、セックスワーカーは搾取されてると人権問題を叫ぶのか。きっと人それぞれ様々な捉え方が出来るけど、私はハッピーな話だと思った。この女性はただ人を喜ばせるためだけに行動している。確かに、島の雰囲気を悪くしたのはダメで、男性同士の争いがあったかもしれないし、女性からも非難されたかもしれない。結果的にAV女優になって男性を楽しませているのは誇るべきことではなかろうか。 違うラジオ番組でセックスワークにも給付金を支給するように訴訟を起こしている弁護士が出演していて、なんとなく伊集…

続きを読む

武蔵野点描、環境に優しい洗剤

▽洗剤は何を使えばいいのだろう。環境のことを考えるとあまり選択肢がないような気がする。固形石鹸なら手洗いも洗顔も洗髪も身体に関することは何でもまかなえるし、もしくは何も使わなくても案外大丈夫。洗濯もそこまで汚れていなければ水洗いでも問題はない。東京で一人暮らしをしていた時は洗濯機すらなく固形石鹸で手洗いしていた。それほど多くの洗濯物は出ないので、お風呂に入っている間に水に漬けておいて、もみ洗いして終わり。まあ、何とかなるものです。 「緑の魔女」で洗濯物も地球も優しく洗おう。注目のエコな洗剤を紹介 https://www.huffingtonpost.jp/entry/huffcolle-264_jp_5f616863c5b6e27db1346fff ドイツ生まれの「緑の魔女」なる洗剤があるらしい。魔女とは何やら穏やかではないけど、「緑の」ということは環境に優しいという意味だろう。成分的に蛍光増白剤や漂白剤を配合していないので環境に負担をかけず、バイオの力で排水パイプもキレイにしてしまうそうだ。界面活性剤、アルカリ剤、分散剤、安定化剤、生分解促進剤が配合されているけど環境を汚さないと説明している。しっかりと汚れを落としつつも人間の肌にも優しいということで、素直に受け止めると夢のような洗剤だ。 このシリーズは台所用洗剤、食器用洗剤、お風呂用洗剤、トイレ用洗剤、柔軟剤なども用意されている。全ての商品が環境に配慮して製造されているようなので、選択肢に入れてみてはいかがで…

続きを読む