武蔵野点描、雑記

▽時折、武蔵野写真を撮りたくなる衝動が訪れる。ということはまだ私は武蔵野の写真を撮っていたいのだろう。自分のことなのにまるで他人事のようだ。撮りたくないのに撮っても意味がないのでこれは仕方がない。いや、意味がないことはないのだろうけど、頭で考えて組み立てていくことではなく、衝動が私には必要なのだ。といいつつ武蔵野写真を撮るペースは随分落ちてしまった。 そのようなわけで向かった先は狭山市堀兼。ここは三富新田に隣接していて一面畑が広がっている。三富新田と同じように縦に長く畑が区切られているのが特徴だ。耕作するのに真っ直ぐ進めばいいので効率がいいということで縦長になっている。あまり他の土地では見られない形なのだけど、本当に効率がいいのかは分からない。種まき、植え付け、里芋の収穫の時期らしく畑で作業している人は多く、慌ただしく動いていた。 スーパーカブで畑と畑の間を走りながら撮影。昔は駅から何時間もかけて撮影していたので隔世の感がある。良いのか悪いのかすぐに終わってしまうのがバイク。時間はたっぷりあるので近所の堀兼・上赤坂公園で森林浴。雄大な自然があるわけでもないのだけど散歩するにはちょうどいい。暖かく雲ひとつない天気。日向ぼっこが気持ちよかった。 そして堀兼からほど近い、というか同じ地域の自分の畑へ。畝を少し整えて、草を刈って、畝に敷く、二十日大根の種を蒔いて、水をまく。そろそろ落ち葉を集める季節だ。

続きを読む

所沢点描、デジタルカメラが危機らしい

▽デジカメ販売、8年で7割縮小 岐路に立つカメラメーカー https://www.bcnretail.com/market/detail/20191110_144957.html デジタルカメラの販売が不調らしい。写真を撮る人間としては由々しき事態だ。データを見ていくとカメラ映像機器工業会の統計によるとデジタルカメラ出荷のピークは2010年の1億2146万3234台、そして昨年が1942万3371台と大幅に激減、POSデータだと30%規模まで市場が縮小している。カメラメーカーのキャノンは大幅減益、ニコンは赤字にまで転落するようだ。記事では触れられていないけどオリンパスや富士フィルムも似たようなものなのだろう。各社それぞれデジタルカメラ以外の事業でこの状況を打開しようと模索している。 なぜこのような危機的状況に陥っているのか。社会的には動画が随分普及したけれど、写真を撮るという文化が廃れたわけではない。インスタグラムやSNSは写真で溢れている。ただし、スマートフォンに内蔵されたカメラで撮られていることがほとんだ。優れたカメラ機能を持つスマートフォンの普及がデジタルカメラ衰退の原因だろう。 このままデジタルカメラ業界が衰退してしまうのは写真を撮る人間としてはまずい。おそらくデジタルカメラ自体がなくなるとはないだろうけど、恐ろしく高価なものになってしまう可能性はある。多くの人がデジタルカメラを購入しているからこそ競争が働き、大量に生産もできて価格は抑えられている。よくよく考え…

続きを読む

歩きタバコとポイ捨てと

▽タバコが嫌になるニュースを一つ。最近はどの地域も歩きタバコは禁止になってきている。当然、路上喫煙も禁止だし、ポイ捨てはもってのほかだ。歩きタバコ、路上喫煙は条例違反だけど、ポイ捨ての場合は明確に法律違反になる。廃棄物の処理及び清掃に関する法律、軽犯罪法、道路交通法、河川法施行令など。罰則も6ヶ月以下の懲役や、1000円から50万までの罰金と結構重く幅広い。これは家電だろうと弁当の容器だろうとペットボトルだろうとガムだろうとタバコの吸殻だろうとすべて法律で罰せられる。 私の見解だと歩きタバコをしている人間は吸い殻の処理を適切にしない。携帯灰皿を持ってマナーを守ろうとする人間が歩きタバコで迷惑行為はしないだろう。もし歩きタバコは問題ないと線引をしているなら間違いなので改めるべきだ。 歩きタバコを注意され逆ギレ いきなり顔殴り逃走 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000168030.html ポイ捨てをしている人は犯罪行為を直ちにやめていただきたいと思うのだけど、どういう意識でポイ捨てをしているのか気になる。何も考えていないのか、他人に掃除させて迷惑をかけてやろうとしているのか、面倒くさいのか、悪ぶっているのか、タバコで放火しているのか。理由は分からないけれど、目の前でポイ捨てされたら注意したくもなる。歩きタバコやポイ捨てであっても条例違反に変わりはないのだから理解はできない。このニュースでは千葉県で男性が…

続きを読む