ほころぶ、吸引するバリカンと年間100万トンが捨てられる服

▽特に髪型にこだわりはないので散髪には1000円カットを利用していた。その前はどうしていたかと考えてみるとすぐに思い浮かばない。自分でカットしていたのだろうか。そんな記憶はある。確実に言えるのは行きつけの床屋なり美容室はなかった。最近はというと、バリカンを入手して依頼、自宅の風呂場で刈っている。それも基本的に帽子を被る人間なので適当だし失敗していても気にならない。バリカンなら失敗しないと思われがちだけどなかなか難しいのだ。髪がどうなっていようと気にしないのだけど、刈った髪の毛が散らばる、風呂場なので身体にまとわりつくのは厄介。 吸引する電動バリカン「ヘアスイーパー」 https://www.thanko.jp/shopdetail/000000003363/ そんなお悩みを解決するアイテムがこちら。なんとバリカンで刈った髪をすぐさま吸い込んでくれるらしい。1000円カットだと刈った後に掃除機のようなもので髪を吸い込んでくれるのだけど、その掃除機とバリカンがくっついたようなものだ。とはいえ、そこまで大きなものではなく普通のバリカンより少し大きい程度、しかも充電式なのでどこにでも持ち運び可能。お値段も3980円とお手頃価格、欲しい。けど今あるバリカンは壊れるまで使わなければいけないのです。義務ではないけど信条。 年間100万トンもの服が捨てられている・・・。環境問題のカギは、アパレル産業? https://www.huffingtonpost.jp/entry/susta…

続きを読む

武蔵野点描、畑と自然農法と除草剤と

▽先日野口のタネで購入した種が届いた。残念ながらまだ蒔くには早い。もう少し涼しくなってからだけど気温が30度を切るのはいつ頃なのだろう。種には蒔き時があるのだけどゆるいものからシビアなものまでいろいろある。一昔前に比べて明らかに夏場の気温が高くなってきた。埼玉はすでに温暖な地域になっているのではなかろうか。 そんなことを思いつつ台風も過ぎ去ったので畑作業。台風の後なのに心地よい気温。とはいえ30度を超えてはいたのだけど、これくらいで涼しく感じてしまうのもなんだかおかしな話ではある。 というわけでいつもは倒れそうになる草むしりもはかどった。刈った草は昔は一箇所に集めて堆肥にしていたのだけど最近は畝や畝間に敷いてまた草が生えてこないようにしてる。まあ、どうやっても生えてくるので気休め程度ですがやらないよりはいい。野菜の根元に敷いておけば乾燥も防げるし時間が経てばそのまま栄養にもなる。なるべく畑の中だけで完結させるのが理想だ。落ち葉や畑の周りの草だけで何とかならないか模索中。自然農法を参考にはしているのだけどちゃんと学んだわけではない。どうも遠回りしすぎているような気がするのが悩みどころ。 消費者が動かした ダイソー“発がん性農薬”販売中止の英断 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/260187 当然、私の畑では除草剤などは使わない、というか草は立派な資源なので有効活用しない手はない。けれど、この時期の旺盛な…

続きを読む

所沢点描、敗戦の日と英国で牛肉を禁止する大学の話

▽8月15日の終戦の日は日本列島を台風10号が横断した。立ち込める暗雲、強い風によって刻々と変化する空色、時おり顔を見せる青空。埼玉はそれほど大きな影響はなかったけど、何かを暗示しているようで恐ろしい天気だった。日本が過去の過ちを何も反省せず、戦争に向かっているとは思わない。けれど近隣諸国との軋轢は深まるばかりで、国内でも分断、格差、経済の落ち込み、低賃金、少子高齢化と暗い話題ばかり。何か予想もしないおかしな方向に向かわないか不安だ。 数日前のラジオで終戦ではなく敗戦だと言っている人がいて、確かに終戦だとどこか他人事な印象がある。理由はあったにせよ日本が自ら引き起こして負けたことは戦争を知らない世代の人間でも胸に刻んでおかねばならない。勝てばよかったのかといえばそんなことでもなく、勝とうが負けようが戦争は多くの悲劇を生むのだから争いは絶対に避けなければいけないのだ。 ▽先日、肉を食べすぎていることが地球環境に多大な影響をあたえているということを書いた。然るべき場所で発表されたことなのだけど、それを知った我々は変われるだろうか。日本人も肉ばかり食べているんだから地球温暖化、自然環境に多大なる影響を与えてしまっている。肉だけでなくプラスチックから紙にしたところで森林の伐採スピードが早くなるだけでまったくもってエコではない。まあ、石油や天然資源がいつかなくなる、環境にも悪いと知っていても使い続けるのだから破滅的な生物といえる。核兵器だって使用すれば甚大な被害が出ることが分かっていても…

続きを読む