ほころぶ、所沢の米軍基地に残土搬入計画

▽いつものようにつらつらと記事を探していると所沢の文字が飛び込んできた。 何か事件や事故でも起きたのかしら。 雑木林で自殺者が出たなんてこともニュースになっていることがある。 私がよく訪れている荒幡富士も自殺者は多い。 いや、最近はあまりなく、昔はよく聞いた。 そして不名誉なことに荒幡富士は心霊スポットにされている。 荒唐無稽な言いがかりでなんとも嘆かわしい。 確かに地元でも言われていたし夜の神社と林は何かが出そうな雰囲気はある。 けれどそんなものはどこでも同じだし、人に備わっている夜への自然発生的な恐怖だ。 話を戻して所沢の記事の話。 米軍 横田基地残土を所沢搬入計画 地元反発、中止訴え 所沢には米軍の基地がある。 大部分返還はされているけどかつてはもっと広大な基地があった。 所沢市民の願いは基地の全面返還。 ということになっている。 かつでは激しい基地返還の運動があったらしい。 らしいと言うのは私が生まれた頃には6割がすでに返還されていた。 残りは約98ha。 その土地に横田基地から工事残土の搬入計画があるとのこと。 当然、地元からは反対の声が上がっている。 これを景気に基地返還への動きを加速させようとしているのだろうか。 残土の仮置場としての利用らしいのでそこまで反発することでもないように思う。 米軍基地がないほうがいいというのも一概には言えない。 特に悪さをするわけでもないし、基地がなくなってもつまらない開発しかできないはずだ。…

続きを読む

所沢点描、春隣とがっかりとシティーハンター

そろそろ暖かくなると言っていた。 冬を楽しめるのも後わずか。 私は寒いのは苦手なのだけど冬の林は嫌いではない。 いや、むしろ一番好きな季節だと言える。 何より鬱陶しい虫がいないのは重要なポイントだ。 葉を落とした寒々しい木々の姿も決して弱々しいものではない。 生命の力強さをしっかりと携えている。 そのようなわけでフラフラと近所の雑木林へ向かった。 ここで一句。 春隣 噂を聞けど 空耳か 林を歩き 冷たさを知る ▽百田尚樹氏、「がっかり」発言の桜田五輪相は「馬鹿な質問する記者を一喝すべきだった」 また桜田大臣の話だけど、様々な見方があるなと思う。 報道や野党の追求はがっかりという発言を殊更クローズアップして責め立てている。 これは前後の文脈を無視しているので全文を読むと印象は少し違う。 がっかり発言は擁護できるものではないけど、ただ言葉の使い方がは下手なだけだ。 そのような人間が大臣をしていることが問題。 じゃあ桜田大臣は黙々とする仕事をしとけというのもどこか残念な話。 適材適所と首相が言うように能力があると思われる。 もしそこも不適任なら任命責任が問われるだろう。 百田尚樹氏のコメント。 なぜ桜田大臣はこのような発言をしたのか。 誰かが意図的に発言を引き出そうとした可能性もある。 いかにも失言しそうな大臣だ。 百田氏の指摘が正しいかは分からない。 けれど様々な視点を持たないといけないのは事実だろう。 あらためて、大臣の辞任と…

続きを読む

雑木林点描、大臣更迭ついでの五輪中止と同性婚

▽また取り上げてしまうけど桜田五輪担当相のがっかり発言。 連日取り上げられていて収束の気配はない。 朝日新聞と毎日新聞も社説で取り上げていた。 桜田五輪相 妄言・迷走も極まれり 桜田氏の「がっかり」発言 やはり五輪担当務まらぬ 発言に問題はあるけれど連日取り上げてしまうのは当の本人、池江選手を傷付けることになるのではないか。 野党は政争の具にしたいのだからやめるつもりはないのだろう。 正義を振りかざしてみても、それが誰かを傷付けることはある。 政治家に何か優しさのような資質が見えないのは悲しい話だ。 イメージだけのものと信じたい。 数日過ぎてみて、私の考えは変わってきている。 桜田大臣は別にやめる必要はないと考えていた。 けれど、ここは潔くやめたほうがいい。 ついでにオリンピックの開催も中止。 私自身、オリンピック開催に反対なのを忘れていた。 今回の件は反対派には良い燃料である。 賄賂の疑惑もあるし、莫大な運営費、夏場の開催も危険だし、やりがい搾取とデメリットは大きい。 国をあげてのイベントを盛り上げるための同調圧力もストレスだ。 東京都民、国の税金も投入されるわけだけどリターンはあるのか。 一部の企業が儲けるだけならたまったものではない。 しかも赤字にでもなれば誰が責任を負うのか。 話は少しずれるけれど、ホリエモンが怒っていた。 この問題のマスコミの報道の仕方は大臣の発言を切り取りすぎている。 ホリエモンはそこにお怒りのようです。 …

続きを読む