林点描、雑記

P8124323s.jpg

▽梅雨が明けてから雨も降らずに暑い日が続いている。熱中症に注意しなきゃいけないと一昨日書いたけど、昨日も非常に暑い日だった。と、思っていたら急激に訪れる天気の変化。ゲリラ豪雨とういうのだろうか。雷が鳴り響き、激しい雨が断続的に降ってきた。そんな一日だったのだけど、ここ数日さぼっていたのでどうしても畑に行きたい。インゲン豆とオクラが放っておくと大きく育って食べられなくなってしまう。始めてオクラを栽培してみたのだけど、結構大きな背丈になるのは驚いた。実が出来る姿もどこか珍妙で面白い。それにしても夏野菜の種類が少なすぎる。大葉は山程あるけど、それほどの量はいらない。種を蒔いたわけではなく勝手に生えているだけだ。もはや迷惑。

そんなわけで、雨の間隙を縫って畑にバイクで向かう。雨雲レーダーを眺めて大丈夫そうだったのだけど、ほぼ無意味。雨雲は突然現れて激しい雨をもたらす。とはいえ、何度か雨に降られたのだけどびしょ濡れにはならずに済んだ。大地を濡らしてくれたので、気温が下がったのは有り難い。ゲリラ豪雨は困るけど、定期的に雨が降って欲しいものです。

自宅から畑まではスーパーカブで往復1時間。あまりの暑さのためか、野草もあまり生えていない。豪雨が降り続くと大変なので少し収穫して畑作業は早めに切り上げた。インゲン豆の葉っぱがだいぶ虫に食べられているので対策を考えたいところだけど、もう十分収穫できたので別にいい気もする。来年はコンパニオンプランツを考えよう。

そのまま自宅には帰らず、近所の荒幡富士を散策。ここなら豪雨になってもすぐに帰ることが出来る。実際、雨は降っていたのだけど気にするほどではなかった。雑木林の散策は日常的にしているのだけど、写真を撮ったのは久しぶりな気がする。どうしても蚊に刺されるのを気にしてしまう。畑もそうだけど、虫対策はちゃんとしないと夏を楽しめないですね。