ほころぶ、熱中症に注意

P1287579.jpg

▽暑い日。今年一番というのは何度か聞いたけど、おそらく11日が2020年で一番暑い日になるのではなかろうか。いや、そう願いたい。こんな暑い日がこれから何度もあると思うと憂鬱になってくる。11日は40度以上の気温を記録した地点が3つもあった。私が住む埼玉県では、鳩山町で40.2℃を記録したそう。当然所沢も暑く、天気予報サイトだと振り返ってみると14時くらいで38.5℃になっている。畑作業をしようと思ったのだけど危険なのでやめた。どんなに体力や健康に自信があろうと、これほどの気温を甘くみてはいけない。畑作業をするなら朝とか日暮れ前がいいんでしょうね。

最近は危険な状態の場合は気象庁が熱中症警戒アラートを発表している。名前だけは聞いていたのだけど、どうやら現在は関東甲信地方だけが対象で、来年の夏には全国に拡大されるらしい。今までも高温注意情報は発表されていたけれど、気を付けなければいけないのは気温だけではなく湿度も大事とのこと。気温と湿度の両方を鑑みて熱中症警戒アラートは発表される。気温が高くても湿度が低ければ危険は少なく、湿度が上がってくると危険度が高い。

具体的に見てみると、気温が30度だと問題はなさそうな気がするけど、湿度が85%以上だと熱中症警戒アラートが「危険」として発表される。昨日のように気温が40度を超えてくると湿度が低くても大体は危険として発表されるようだ。熱中症警戒アラートは危険、厳重警戒、警戒、注意という基準がある。発表を参考にし、しばらく暑い日が続くので気を付けましょう。

▽熱中症対策
水分をこまめに飲む、帽子や涼しい服装、直射日光を浴びない、エアコンを使う、日頃から健康な身体を作る、よく寝る。