ほころぶ、公平と中立

P1147411.jpg

▽東京都知事選挙が先日行われた。私は埼玉県民なのでまったくもって興味がないというか関わりがない。ラジオを聞けば都知事選。インターネットでニュースを見れば都知事選。きっとテレビでも同じだったのでしょう。TOKYOFMや東京MXテレビ、東京新聞などの東京ローカルのメディアが扱うのは理解できる。けど、東京以外のユーザーがいるメディアで特番組んだりはやりすぎなのではなかろうか。公平な報道を心がけるなら是非、埼玉県知事選挙も特番を組んで欲しい。埼玉県だって700万以上の人口がいるのだから需要は十分あるはずだ。千葉も神奈川も同じ。まあ、埼玉県知事に興味はまるでないのですが。

誰かがメディアは中立でなくても公平であればいいと書いていた。公平と中立は似ているようで違う。公平というのは平等に扱えばいいだけだが、中立になると非常に難しい。どこかに少しでも偏ってはいけないというのは物理的に不可能のように思える。何かを取り上げれば偏ることになるので何も取り上げられなくなってしまう。

これを国として考えると、中立というのはやはり難しい。どこの国にも与しないということはどこの国とも関わらないということだ。永世中立を宣言している国は軍事的にはどことも関わらないということかしら。ちらりと調べてみると永世中立国であるためにはそれを保障する国が必要で、独自に防衛をしなければいけないので軍事力も必要になってくる。

日本も中立であってほしいけど、私のいう中立は武力を持たず、当然戦争もしないという意味なので、スイスなどの永世中立国とはまるで違う。非武装、非暴力で国は守れるのかという意見もあるけど、強大な軍事力があろうと戦争になってしまえば負けに等しい。なので軍事力があろうとなかろうと戦争にならないような振る舞い、外交をすればいいだけの話だ。

話がこんがらがってきたけど、都知事選を過剰に取り上げるなら他の知事選も取り上げなさいと言いたいです。