ほころぶとジャズと動物の殺人

DSC_2218.jpg

休日。
いつもとは違うラジオ番組。
ジャズの特番だ。
リズミカルで心地よい曲が流れている。
とてもJ-WAVEらしいと思うのは気のせいだろうか。
アーバンで大人の放送局。
まあ、すべての番組がそうではもちろんないのだけども。
私は意外とジャズは好きだ。
といってジャズのことはあまり知らない。
というかほとんど知らない。
なのに好き。
それがジャズってものだ。
意味不明である。
もともとはハードロックを好んでいた人間なのでジャズには縁がない。
その後もスウェーディッシュポップやテクノという変遷を辿った。
今では昔のフォークソングを聞いているのはどういうことなのだろうか。
一時期ジャズライブのあるレストランで働いていた時がある。
有名なミュージシャンばかりの演奏だったわけではない。
けれど、生での演奏はリズミカルでパワフル、心踊る体験だった。
あの夜の演奏が今でも胸を焦がしている。


13人を食べたインドの「人食いトラ」、殺す?殺さない?
https://courrier.jp/amp/138408/

死刑の是非が問われている昨今。
日本では真剣に取り上げられることはないけれど世界ではすでにスタンダードではない。
野蛮であるとか冤罪の可能性を排除できないとか理由はいくつかある。
私も死刑には反対だ。
そのかわり本人が死にたいというなら止めはしない。
けどそれも強要の可能性もあるので微妙ではある。
イエスを殺したユダはその罪を心から悔い自ら命を絶った。
詳しいことは知らない。
では動物が人を殺したらどうするか。

ホワイトタイガーに襲われ飼育員死亡 鹿児島
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181008/k10011663861000.html

インドのニュースで考えていたら日本でも起きてしまった。
希少な動物か、動物愛護的にどうなのか、人を殺した個体と確定しているのか。
いくつか論点はあると思う。
きっと人を死刑にするよりは動物を殺処分するほうが抵抗はない。
けど動物がそうせざるを得ない状況を人間が作り出しているのだから複雑な話だ。

「ほころぶ」
https://hokorobu.blogspot.com/