川越点描

DSC_2449.jpg

7月7日、七夕の日。
といってあまり知らない。
織姫と彦星がどうのこうの。
そのくらいの知識でいいのかしら。
たまにとりあげる二十四節気と七十二候。
季節を知るにはとてもよい考え方だ。
七夕というのも節句の一つ。
節句は5つなので春夏秋冬の季節の変わり目ではないんでしょうね。
ちなみに7月7日は二十四節気も七十二候も変わる。
二十四節気は「小暑」。
そのわりには夏真っ盛りな気がするのですが。
七十二候は「温風至る」。
これも随分前から至ってますね。



季節や天候の話ばかりだけど、日本列島が大変だ。
関東地方は被害がないけど、大雨で大きな被害が出ている。
現在50人以上の死者、多数の不明者。
現地の画像を見ると、恐ろしい。
河川の氾濫、家屋やインフラの被害も甚大だ。
人間が作ったものなどものともしないのが自然。
過信しないで恐れを持ち、冷静な判断を心がけていきたい。
求められるのは個人個人のサバイバル能力だろう。
現代人に足りない部分だ。
それと周りにいる人間との協調、協力関係。
政府や行政の対応は完璧ではない。
予算や権限を考えると災害対策は今後尻窄みな気もする。
少子高齢化、社会保障よりも優先されるだろうか。
人的にも予算的にも難題だ。
関東も震度5弱の地震があり、数日は警戒したほうがいいらしい。
日本というのは過酷な土地である。