所沢点描

DSC_2405.jpg

何か書きたいことがあったのだけど思い出せない。
そんなことはよくあることだ。
いや、そもそも書きたいことなんてなかった気がする。
ここで脈絡なく一句。


紫陽花は
思いもよらぬ
梅雨明けに
水が足らぬと
嘆いてないか


そんなわけで梅雨が開けて晴れ続き。
と思いきや今日から曇り空。
雨マークすら見える。
畑の野菜には恵みの雨になりそうだ。
紫陽花は弱々しい花ではなく低木なので毎年咲く。
花だけが全てではない。


そういえば、サッカーの日本戦があった。
当然見ていない。
テレビないからね。
それ以上に興味がないということはブログに書いた。
一つ言うとしたら、勝ちにこだわることに抵抗がある。
スポーツ全般に言えるのだけど、世の中は勝ち負けではない。
理想論だと思われようが勝ち負けという基準は不幸だ。
勝ち続ける人なんてわずかだし、勝ち続ける人だけが富んでいる。
いわゆる格差社会。
といって社会主義がいいのかというと成功例はない。
今回のサッカーの話をしよう。
賛否両論ある戦い方で決勝へ進んだ問題である。
勝ちを優先するような戦い方だと勝ち続けなくてはいけない。
負けても称賛するならはじめから全力で戦っていればよかったのでは?
ますますスポーツを嫌いになってしまう出来事だった。
まあ、どうでもいいのだけど。

結局書きたいことは思い出せなかった。