【書評】アイヌ民族命の継承

hbb.afl.rakuten.co.jpg

アイヌ民族命の継承 前沢卓写真集

アイヌ民族というのはどんな存在なのか。
その詳細なステートメントはこの本に記されてはいない。
それでいいと思う。
写真集なのだから。
ではその写真は何を語るのか。
写し出されるのはアイヌの人々。
すべてモノクロ写真で、真正面から捉えられている。
下手な仕掛け、小細工はない。
その真摯な姿勢がアイヌの人々の尊厳を引き立てていく。
言葉で多くを語らないこの写真集の役割は存在を焼き付けさせることだ。
アイヌ民族は言わずもがな日本の先住民族である。
歴史を振り返れば多くの困難、迫害を受けてきた。
潜在的な差別感情は今でも抜けきれてはいない。
理不尽も多々ある。
我々に必要なことはアイヌ民族の存在を焼き付けることだ。
目と心に。
その役割をこの写真集は担っている。

アイヌ民族命の継承 前沢卓写真集