海点描

DSC_0892.jpg

海に最後に行ったのはいつだろう。
もう記憶にない。
そんなことは前にも書いた気がする。
ふらりと行ってこようかしら。
先日も少し海洋汚染について書いたけど、今回も記事をピックアップ。
環境月間だし知ることは大事だ。


プラごみ廃棄量、年3億トンに
https://this.kiji.is/376536227052389473
2015年、プラスチックの廃棄量はなんと「3億」トン。
製造されたプラスチックはこれ以上なのでものすごい数字だ。
原料は言わずもがな石油。
採掘するためにも汚染は発生するし、人間同士の争いも誘発する。
引き返せるうちに引き返したほうがいい。
石油が高騰したり、輸入量が減ったり、なくなったらどうします?
一人あたりの廃棄量で多いのはアメリカに次ぐのが日本だ。


アジアのプラスチックごみ問題、広がる海洋汚染危機
http://www.afpbb.com/articles/-/3177545
前も書いたけど毎年800万トンのプラスチックゴミが海に流れ込んでいる。
一応日本は適切に処理しているようだけど、それは免罪符にはならない。
プラスチックの代替になるエコロジーな素材の流通はまだまだ先だろう。
解決策の一つは政治の勇気ある決断だけど、きっと無理だ。
経済が停滞することは目に見えている。
とはいえ、オルタナティブな社会、生活を模索しないと人類に、地球に未来はない。
大げさかしら。


まるで「舗道」、ぎっしり川を覆うごみ マニラ
http://www.afpbb.com/articles/-/3177386
こうして川から海に流れていく。
とにかく記事のサイトで写真を見て欲しい。
ものすごい状況というのがわかるはずだ。
先に豊かになり、このような状況にはない日本は何が出来るのか。
対岸の火事ではなく世界中で共有しないといけない問題だろう。


世界環境デー、アフリカのプラスチック汚染
http://www.afpbb.com/articles/-/3177249
アフリカでもプラスチックの海洋投棄は深刻だ。
これも記事の写真はすごい。
埋め立ては日本でもしている。
東京湾の新しい土地はゴミの埋め立てで出来たものだ。
分解されないものを生み出して、埋めるしかないのが現状。
アフリカのいくつかの国で実施しているようにビニール袋くらい禁止できないものか。


6月5日は「世界環境デー」。もう限界⁉増え続ける「ペットボトルごみ」にどう向き合う?
https://tenki.jp/suppl/grapefruit_j02/2018/06/05/28163.html
もう書いててうんざりしてきたけどこれで最後。
ビニール袋や過剰包装も目につくけど、ペットボトルもとても身近だ。
回収はされてるけどリサイクルするのも大変なエネルギーがかかる。
はっきりいってまるでエコではない。
結局は埋めるのが一番ということになっているのではないかしら。
私はペットボトル飲料は買わないようにしている。
何らかの事情で買うことはあるけど洗って何度も繰り返し使う。
今年はペットボトルは買っていないはずだ。

というわけでお腹いっぱい。
また明日。