花点描

P5081468.jpg

細野晴臣の歌にこんなタイトルの曲がある。

「住所不定無職低収入 」

秀逸なタイトルだ。
リリースされたのは1973年。
もし今の時代に出されても笑えない。
きっと昔は笑い飛ばせたんだと思う。
世の中は右肩上がり。
成長を続けていて希望があった。
2018年、住所不定は相当まずい。
30過ぎて無職?
詰んでいる。
低収入は当たり前。
嫌な時代になったものです。
この曲はHOSONO HOUSEというアルバムに収録されていた。
当時は狭山市に住んでいたらしい。
稲荷山公園近くには米軍基地があって、アメリカ風な建築が並んでいた。
通称、米軍ハウス。
今でも数件残っていたりリメイクして復活している。
当時のミュージシャンやアーティストが好んで住んだように洒落た家。
一度くらい住んでみたい。
どことなくシンプルな作りは方丈庵に似ている。
そんなことはないか。
住所不定無職なら低収入じゃなくて無収入ではというツッコミは無粋ですね。


「ニセ同級生」に釣られるマスコミたち 新潟事件で大漁...呆れる声も
https://www.j-cast.com/2018/05/15328711.html
SNSでニセ情報に釣られる人は多い。
一般人だけかと思ったらマスコミも盛大に釣られている。
とりあえず声をかけているだけだろうけどね。
少しでもやり取りすれば嘘なのは分かるはずだ。
もう一つ釣られる事件が先日発生。
うどん屋が大学の教員にドタキャンされて被害を受けたというツイート。
拡散されて話題になったけど架空の大学で架空のうどん屋というオチ。
さて、これは誰が悪いのか。
騙そうとするのは良くないけど犯罪的な要素はない。
遊びだ。
怖いのは拡散してしまうこと。
善意なんだろうけど真意を確かめないことは問題が起こるケースが出てくる。
いわゆるフェイクニュースだとしたら何かに加担することになってしまう。
実害のないイタズラでネットリテラシーを上げるのも必要かもしれない。