雑木林点描

P5011465.jpg

WOOVE PROJECTに雑木林の写真をアップした。
歩いていける近所の雑木林。
それしかない。
しかも同じ場所の写真ばかり。
大して面白くないとは思う。
けど、自然との付き合い方というのはそんなものだ。
わざわざ遠くの自然に足を運ぶこと自体矛盾をはらんでいる。
自然を愛し、愛でるつもりなら歩いて行くしかない。
飛行機なんてもってのほかだ。
屋久島の森や沖縄の海をまた見てみたいという思いは私にもある。
おそらくもう見ることはないと思う。
真鶴の森くらいで我慢します。
近所の雑木林だけと言わないのは弱い所。

「WOOVE PROJECT」
https://woove.themedia.jp


一つ記事をピックアップ。
自分もよく分からないことの一つ。
皆さんはどう答えるかしら。

「なぜ勉強が必要?」子供への模範回答3
http://president.jp/articles/-/25119

私は何故と問われても返答はできない。
別に勉強したくなければしなくていいと思ってしまう。
勉強してこなかったからね。
不都合があるかというと確かにある。
今から大企業に就職するなんて不可能だ。
とはいえ、別にそんなことは求めていない。
写真を含めてアート的な表現に高等教育がいるかしら。
最近は短歌や俳句に凝っているけど、今から学べばいいことだ。
有名大学を出たからといって優れた句が詠めるわけではない。
アートなら逆に芸術大学なんて行かない方が自由に表現できる気がする。
とはいえ、ある程度の勉強は必要だとは思う。
計算力、読解力、読み書きとか歴史も知っておいたほうがいい。
それも学校が嫌なら親とかでも十分だ。
不登校だった生徒が必ずしもダメな大人ではないでしょう。
この年になってようやく学ぶことは楽しいと実感できる。
学校の勉強とは違うけれどね。
今思うに勉強しなければいけない圧力や強制がとても嫌だった。
中学を出てすぐに自衛隊に入ろうとしていたくらい。
ものすごい反対されたんだけど当時の親としての対応は疑問である。
結局脱線して生きているというのは自分のせいか。
一つ言えるのは、私は良い親にはなれそうもないことだ。
学校なんて行かずに畑でも耕せばいいと思ってしまう。


皇居の養蚕、皇后さまから雅子さまへ 作業場で引き継ぎ
https://www.asahi.com/articles/ASL5D7HLKL5DUTIL028.html
もう一つ記事をピックアップ。
自衛隊、皇室とくれば右な人間だと思われそうだ。
特に否定はしないけど左な部分も多分に持っている。
どちらか一方にカテゴライズできるものではない。
天皇制というのも一つ議論をしたほうがいいと思う。
大事な役割としては日本の伝統的な文化を守っていることだ。
養蚕や鵜飼、雅楽など。
分からないわけじゃないけど必要じゃないと言う人はいる。
なくなってしまえば取り戻すことは困難なので慎重になったほうがいい。
国の施策として伝統文化をちゃんと守れるかというと謎だ。
真っ先に予算削減されるような気がする。
天皇だから許されているとしたら支持したい。
所沢も養蚕は盛んな土地だった。
風土にあった生活をしたいものです。