日本点描

002 (10).jpg

ラジオで一つ違和感がある。
外国の方へのインタビュー、もしくはゲスト。
顔の見える映像ならまだしも、ラジオではまるで親しみを感じられない。
つい先ほどもドイツ人監督へのインタビューをしていた。
聞こえてくるのは通訳の人の声。
文章でもらって読み上げればいいだけなのでは?
まあ、それは野暮なことなのかもしれない。

もう一つラジオのこと。
ネタがラジオしかないというのも少し寂しい気がする。
4月になって番組の改編があった。
何となく同じ局を聞いているのだけど新番組がまるで流れにあっていない。
今までは大人な感じの番組が連続していたのだけど、急に若者が騒ぐような番組が始まった。
合間にポツンと。
思わず他の局に変えてしまうくらい違和感がある。
ええ、ただの愚痴です。

話変えて、死刑のこと。
ガラリと変わった。
死刑制度に賛成か反対か。
明確に表明しておこうと思う。
反対。
思いつきではないけど、とことん深掘りしているわけではないので変わるかもしれない。
決定的な要因は「冤罪の可能性」と「死刑執行人の立場」。
人が人を裁くことは難しいし、裁くために誰かが執行する必要がある。
古くは処刑することを生業とする人達がいた。
正義という美名のため、現代社会なら許されるのか。
これはもっと議論が必要なことだと思う。