浦和点描

P1141111.jpg

何もない風景。
何でもない風景。
何故写真を撮り、何故ここにアップするのか。
よく分からない。
理由があるような気はするけど、きっとないんだろう。
意味なんて求めず、撮る。
どこかで行き詰まるような気はするけど撮りたいから撮るだけだ。
そんな写真的行為の一つの区切り、個展。
今日のような写真を展示するわけではないけれど、場所は浦和。

インスタ.jpg

数日前から何か気の利いたキャプションがあったほうがいいなと考えている。
何も出てこず。
武蔵野の写真を撮り始めて10年近く経った。
当たり前に生活の中にあり、何の疑いもなく撮り続けている。
決して悪いことではないけれど、時に立ち止まって考えることは必要だ。
それが個展なんだろう。
展示をする一つの効果として自分の作品と対峙することになる。
ひどく個人的な時間だけれど、とても大事なことだ。
なかなか並べてみる機会は持てないからね。
それに表現というのは言葉を代弁しているようなもの。
長々としたキャプションなんていらない気もする。
言葉に出来るのなら別に写真を展示する必要もない。
これは私にとってのことなので表現すべてに言えるわけではないけど、そう思う。
とはいえ、見ただけで何かが伝わるとも思えないのでやはりキャプションはいる。
今、ここのブログに書くつもりだったのだけど、失敗。
明日考えよう。
もしくは設営完了してからでもいいか。