川越点描

DSC_2062.jpg

畑作業日。
といって特にこの時期はやることがない。
やることといえば落ち葉を集めるくらいかしら。
堆肥にすることを考えるととても大事な作業だ。
そこら辺で安価に買える鶏糞にはあまり頼らないようにしたい所。
この時期は冬場に雑草なんてそれほど生えてこないし、耕しても蒔く種がない。
春に向けての仕込みなんてものがあるのかしら。
ゆっくり休ませることも畑には大事な気がする。
人間が眠るようにね。
そんなわけで生育状況のよくない大根や人参を収穫するくらいしかやることがない。
雨も降らないのでますます元気をなくしてゆく。
結局一週間も雨は降らずに経ってしまっている。
この日、珍しいことに畑に友人がやってきた。
焚き火をしたり肉を焼いたり酒を飲んだり。
人と話したのいつぶりだろう。
彩りのない生活である。
帰りに所沢のスーパー銭湯に寄ったのだけど、これも久しぶり。
よくよく考えると男どもが裸で群れているのはおかしな景色だ。
人と人との関係が希薄になっているけれど裸を他人と見せ合っているんだからね。
希薄さを補うための場として銭湯があるとすればそれはなかなか感慨深い。
まあ、そんな深く考察できるようなものではないだろうが。