ほころぶ、ジーンズの生産に大量の水?

▽以前、エコバッグについて書いたのだけど、レジ袋の有料化が始まって環境への意識は少しずつ高まってきていると思う。レジ袋有料化には意味がないと言う人がいるけれど、環境意識が高まったのなら成功だ。それに例え数%の削減効果であろうと意味がある。今後はペットボトルや容器、包装なども規制の対象になってくるかもしれない。いや、そうすべきだろう。最初は面倒でもマイボトルやマイ容器に慣れればいいだけの話だし、少し前の時代に当たり前にされていたことに戻るだけだ。 気を付けたいのはマイバッグであれば環境に負担をかけないというわけではない。プラスチックで作られたものならやはり負荷は少なからずかかっているし、いくつも持っていればレジ袋より環境に悪い可能性がある。それに綿などの自然素材ならいいのかというと、そうとも限らない。 格安ジーンズ、9ヵ国を旅して届く。 大量の農薬、過酷な労働、砂漠化する湖……他国に押しつける「本当のコスト」 https://blogos.com/article/496450/ これはジーンズの話だけど、原料は綿なのでエコバッグにもTシャツにもタオルにも寝具にもカーテンにも同じことが言える。綿は野菜などと同じように農地で栽培されていて、当然広い土地がいるし、農薬や水も必要だ。大量の水が必要というのは知っていたのだけど、記事には具体的な数字が書かれている。一本のジーンズを作るのに8千リットルの水が必要ということなのだけど、ものすごい量だ。日本に暮らしていると水は無限にあるよ…

続きを読む

友原章典「移民の経済学」を読む

移民を受け入れると日本は何か変わってしまうのか。良い方向に変わるかもしれないが、悪い影響が出てしまうかもしれない。移民の多い国というと真っ先にアメリカが浮かぶのだけど、調べるとその数5100万人、人口の16%をしめている。言うまでもないけどアメリカは世界で一番経済的に豊かな国だ。けれど、極端な格差社会になっているし、人種的な対立もまだまだなくなっていない。移民の受け入れは得もあるけど損もある。そういった所だろうか。そんな得や損を分析していったのが「移民の経済学 雇用、経済成長から治安まで、日本は変わるか」だ。 日本が移民を受け入れる場合は人手不足の解消のために行われる。コンビニエンスストアや建設業の現場では既に多くの外国人を見かけていると思う。一見、元々人手不足の分野なのでメリットしかないようだけど、良いことだけではない。ある国では移民の作業員が増えると、元々の市民作業員の賃金が下がり、中には職を奪われ公的扶助を受けているというデータ出ている。これが看護師になると、市民の看護師は減り、将来看護師になる市民も減らしているが、全体の看護師数は増えている。移民が女性の社会進出をサポートするというのも高学歴、高所得の女性に限られるようだ。賃金が上がったり下がったり、サービスが安くなったり、職を奪い合ったりとメリットだけとは言えない。 気になるのは移民が増えると治安が悪くなるのか、だけどそのようなデータはない。あるとするなら移民の増加が直接的な問題ではなく恵まれない就労環境の影響なので、…

続きを読む

11月23日 各新聞社の社説とコラム

読売新聞 中国船違法操業 毅然とした対応で漁場を守れ マイナンバー カード発行の目詰まり解消を 朝日新聞 多国間外交 国際協調の基盤として 株価の動き 水準の見極め、慎重に 毎日新聞 日本の宇宙産業 「挑戦の芽」育てる支援を 国の「カスハラ」対策 現場を守る明確な指針に 新型コロナウイルスがもたらした変化に…〈余録〉 産経新聞 勤労感謝の日 歯食いしばり乗り切ろう 普天間飛行場 県は辺野古移設の容認を 米大統領選に隠れた民主党の裏側〈正論〉 今月8日に行われたミャンマーの総選挙は…〈産経抄〉 東京新聞 増える不登校 居場所づくりをもっと コロナ禍の世界 飢餓の拡大を止めたい 映画興行のピークが過ぎた一九六〇年代…〈筆洗〉 ※読売新聞 編集手帳(有料) ※朝日新聞 天声人語(有料) ※日本経済新聞 社説(有料) ※地方紙の社説と論説(47NEWS)

続きを読む

武蔵野点描、映画界にも多様性が必要?

▽鬼滅の刃の映画が記録的なヒットになっていて世間は騒がしい。私としては興味がないので映画館に足を運ぶことはないと思う。テレビもないし、原作も読んでいないので当然なのだけど、これではキメハラされそうだ。見たくないものは見たくないのです。それに、ブームになって多くの人が飛びつくのはいかがなものかと思っている。鬼滅の刃と同時期に公開した映画の中でも素晴らしい作品はあるかもしれない。 11月13日に公開された「プラスチックの海」という作品は重要な作品なので是非多くの人に見てもらいたいものです。けど、全国各地の劇場で広く公開されることはないと思われる。これは鬼滅の刃の煽りを食っているわけではないだろうけど、観客を集めて多くの収益が期待できる作品ばかりを劇場は扱うというのも何かつまらない。鬼滅の刃が人気なのは経済効果があるのだろうけど、他の作品の観客を奪ってしまっているならそれは問題だ。生物多様性の重要性が叫ばれて久しいけど、産業にも当てはまるかもしれない。 宮崎駿、『鬼滅の刃』大ヒットは「僕には関係ないこと」複雑な胸中を明かした https://blogos.com/article/496605/?p=1 マスコミが叩かれるというか信用されないのはこんな記事を書いているからだ。FLASHなのでスクープ的なゴシップがお得意なのだろう。宮崎駿さんが鬼滅の刃にどう思っているのかなんて知りたくはない。記者は宮崎駿さんがテレビやマンガ、映画を見るような生活を送っているとでも思っているのだろ…

続きを読む